読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ、やっぱり海外で働きたいわ

"ほぼ"毎日更新。海外生活・英語・読書・勉強・生き方を中心に、日々の生活で感じたことを現役大学生がつぶやいていきます。

MENU

意識の高い人達の1日を妄想する

f:id:masa_glee:20160303213218g:plain

出典:http://jigokuno.com/cid_84.html

意識の高い人達の1日

目覚ましの鳴る5分前に目を覚ました。

昨夜のジョブが終わらずに寝落ちしてしまったらしい。

眠気眼で覗いた空は青く、どこまでも高かった。

今日は友達と六本木のカフェで新規プロダクトのローンチに向けたMTGがある。

スーパーフードを流し込んだ俺は、駅へと向かった。

News Picksで昨夜のニュースに目を通しながら、MTGアジェンダをチェックする。個人的にはIot技術とホログラムを融合させたGate boxがアツい。

 

駅に着くと彼が待っていた。

「おはよう!」 

爽やか声が耳を抜ける。

端正な顔つきに柔和な笑顔、人より頭半分出ている彼のルックスは、非の打ち所がなかった。

「お待たせ。それじゃあ、さっそく始めようか!

 

コーヒーを相棒に、俺たちは窓際の席についた。

「前回話したプロダクトに関して、プロジェクト内でコンセンサスが取れたよ。ただ、このスキームに関してはアウトソーシングが必要になるから外部とアライアンスを組む必要がある。やっとソリューションまでのプロセスが形になってきた。」

「そうか。俺の方でもいくつか当てがあるから、メッセしてみるよ」

俺は、チャットワークを開いた。彼は見た目もさることながら、タスク処理能力も高い。これまでデッドに遅れたことは一度もなかった。彼にはバッファは不要らしい。ロジックとリーダーシップも兼ね備えており、これまでインターンの選考に落ちたことがないらしい。

天は二物を与える。天の神様だって気分屋なのだ。

 

六本木のカフェには、リクルートスーツを着た学生が目立っていた。そわそわしながら、アクティブリスニングをしながらメモをとっている。恐らく就活生だろう。

夏のインターンで5つほど内定を頂いた俺たちにはほとんど関係のない世界だ。

俺は、リクルートスーツすらまだ買っていなかった。

 

「話変わるんだけどさ、このあとフリー?よかったらランチ行かない?」

「わりー。今日ニクリーチ経由でランチスカウト来ててさ。焼肉ご馳走になってくるんだよね」 

ニクリーチやサポーターズ、WantedlyやOffer Boxなど、好みの学生を企業側からスカウトすることができるサイトは多い。学生も企業もWin-Winの関係だ。

今日のランチスカウトはITベンチャー企業からだった。ビジョンは共感したものの、少しドメスティックである印象を受けた。どの程度まで事業をスケールするつもりなのか聞いてみよう。

 

「おっけ!んじゃ、今日はこんな感じで。とりあえずアライアンスの件はよろしくね。コミットする準備は整ってるからさ。メッセはASAPでよろしく」

「りょうかい。んじゃまた」

彼はよく喋る。1伝えれば分かることを3伝えてくる。それでも不快感を抱かない彼の話し方は本当に不思議だ。

 

六本木を出た俺は、恵比寿へ向かった。

携帯を見ると、FBの友達申請が来ていた。

「誰だ?まあいいか。許可しますっと」

 

友達の数が2000人を突破した。 

 

おしまい。

www.amazon.co.jp