オレ、やっぱり海外で働きたいわ

"ほぼ"毎日更新。海外生活・英語・読書・勉強・生き方を中心に、日々の生活で感じたことを現役大学生がつぶやいていきます。

MENU

留学から帰ってきたあの子たちはなぜみんな前髪をかきあげているのか?

f:id:masa_glee:20160316230239j:plain

 

 

こんばんは。

 

突然ですが、みなさんの周りの留学に行ったことのある女性を思い浮かべてみてください。

 

 

どうですか?
前髪をかきあげている人多くないですか?

ちなみに、僕は前髪かきあげ系女性が大好きです。

 

好きな女性のタイプは?

と聞かれたら必ず、

「太陽のマテ茶のCMに出てきそうな女性」と答えます(分かりづらい)

ちなみに、太陽のマテ茶のCMはこちらです。

 

www.youtube.com

 

よく食べる、よく踊る、よく笑う、よく脱ぐ女性ですね。

僕にお茶の差し入れをしてくださる時は太陽のマテ茶でお願いします。

このCMでも分かる通り、みんな髪の毛をかきあげていますよね。

 

芸能人で言えば、中村アン長谷川潤ミランダ・カーが当てはまりますね。

大学の系統で言うと、上智を筆頭に青学や立教などが挙げられるのではないでしょうか?(偏見)

 

僕の友人でも、アメリカなど欧米に留学してきた人はだいたい髪の毛をかきあげて帰ってきている気がします。

 

そこで今回は、留学経験のある女子大生の友人に協力してもらい、

なぜ留学に行くと髪の毛をかきあげて帰ってくるのか。

 

その理由を明らかにしたいと思います!

前提として、ここで述べられている結論はあくまでも数あるうちの一意見として捉えていただけると幸いです。

 

 

美の固定観念の違い

f:id:masa_glee:20160316230404j:plain

そもそも、"美"に対する捉え方はその文化によってそれぞれ異なります。

女性は誰でも美しく見られたいもの。

欧米では、前髪をつくる可愛らしさよりも、前髪をかきあげるセクシーさや美しさの方が魅力的に捉えられるようです。

たしかに、洋画とか見ても前髪をかきあげている女優さんも多いですよね。

前髪があると、どうも幼く見られてしまうようです。

 

日本と欧米の"美"に対する捉え方の違いが垣間見えました。

 

水質の違い

f:id:masa_glee:20160316230500j:plain

州にもよりますが、日本が軟水なのに対して、アメリカやヨーロッパでは水道水が硬水の場合が多いです。

水質の違いによる影響は以下をご覧下さい。

 

シャンプーをするときに軟水と硬水だと違いはある!? | 知らなきゃ損!?正しいヘアケア講座

 

簡単に言うと、硬水で洗うと髪の毛がゴワついたりパサついたりします。

たしかに、ゴワついた髪の毛で前髪をつくるのは大変そうですね。

 

留学の期間は美容室に行かないで我慢したという友人も何人かいました。

女性の苦労を知りましたね。 

 

なんだかんだ楽

f:id:masa_glee:20160316230533j:plain

なんだかんだこの理由もかなり大きい気がしますw

一度かきあげた女性が日本でもかきあげている理由。

それはやはり楽だからということではないでしょうか。

 

日本にもかきあげヘアーが好きな男性はたくさんいます。

それなら、毎朝前髪をセットするヘアースタイルに戻さずにかきあげスタイルを維持する人が多いのには頷けます。

 

楽で大人っぽく魅力的に見える。

一石三鳥ですね。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

個人的に、この疑問を解決しようと髪の毛をかきあげている友人にインタビューをしたのはとても面白かったです。

それぞれ好みのヘアースタイルがあると思いますが、友人の1人が素敵なことを言っていたので最後に紹介させてください。

 

f:id:masa_glee:20160316225223p:plain

 

髪型に限らず、その人自身の個性を認めてあげることが大切だと言っています。

なんて素敵な考え方なんでしょうね。

ありのままの自分を受け入れて、その自分に対して自信を持っている人は本当に魅力的です。

 

 今回のインタビューで、かきあげの理由だけでなく、

ありのままの自分を愛するということの大切さまでも学ぶことができました。

 

もし機会があれば、

「なぜかきあげ女子大生はアメリカンイーグル、ホリスター、アバクロを着ているのか?」

というインタビューもしてみたいです。

少しでも、かきあげ女性のなぞが解けたと思ってもらえたら幸いです。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!
協力してくれたみんな、ありがとう!!

 

www.amazon.co.jp