読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ、やっぱり海外で働きたいわ

"ほぼ"毎日更新。海外生活・英語・読書・勉強・生き方を中心に、日々の生活で感じたことを現役大学生がつぶやいていきます。

MENU

出国日決定!!4月17日に出国します!

f:id:masa_glee:20160317205340j:plain

こんばんは。

昼から部屋の大掃除を始めたせいで、1日中くしゃみが止まらなかったまさです。

 

そういえば、まだ20本しか記事を書いていませんが

昨日のブログが過去最高の閲覧数をたたき出しましたので、もしよろしければぜひご覧下さい。

Facebookのコメントで留学経験者がたくさん意見を書き込んでくれたので、よかったらそちらも合わせてご覧ください。

 

masa-glee.hatenablog.com

 

「まさってもうベナンにいるの?」

ベナンではなくダナンですし、まだ小平にいます。

ということで、今回は出国日が決まったのでそのご報告です!!

 

 

まさっていつ行くの?

f:id:masa_glee:20160317205543j:plain

はい。

出国日は、4月17日(日)に決めました!

 

わざわざブログで出国日の報告をしなくてもいいかなって思ったんですけど、

「あれ?まさってもう海外にいるんじゃないの?」

っていう連絡がたまに来るのでご報告しましたw

 

少し前から決まっていたのですが、ちょうど1ヶ月前だし、タイミング的にちょうどいいかなってことで今日の記事で書いています。

 

あと1ヶ月、ぜひご飯とか行きましょう!

 

なんでその日にしたの?

f:id:masa_glee:20160317205840j:plain

良い質問ですね。

よくぞ聞いてくれました(聞いてない)

 

一言で言うと

「サークルの新歓活動を行なうため」

です。

「えっ????」

って思う方もいますよね。

ご存知の方も多いと思うのですが、僕は大学で「アイセック」という団体に入っています。

大学では「立教大学アイセック」という名前のサークルですね。

 

僕は、春の新歓活動でとにかく多くの新入生にこの団体を知ってもらいたいんです。

入るか入らないかは、その人の自由です。

ただ、後から「1年の新歓期に知ってたら絶対に入ってましたよ〜〜泣」

とか言われたらめちゃくちゃかわいそうじゃないですか?

実際に僕の友人にも何人かいたんです。

 

僕の大学生活は、「アイセック」に出会ったおかげで大きく方向性が変わりました。

アイセックに入っていなければ組織のリーダーをやることもなかったし、126の国と地域から参加者が集まる国際会議に行くこともなかったし、年間で100冊近い本を読むこともなかったと思います。

そしてなにより、大学で海外インターンシップに参加するという選択肢すら知らずに卒業していたと思います。

 

これまで、アイセックでやりたいことを全てやってきた自分だからこそ伝えられることがあるんじゃないか、野球部上がりの体力を活かして誰よりもビラを配れるんじゃないか、180cmの身長を活かして人ごみの中でも可愛い新入生を見つけられるんじゃないか。

その可能性を放って出国することはできませんでした。

 

なので、新歓期間が終わった4月の中旬に出国することに決めました。

Asian Tech のみなさま、4月の中旬に出国する旨を快諾していただいてありがとうございます。

 

大学生のみなさん、新歓活動頑張りましょう!

 

残りの期間をどう過ごすか

f:id:masa_glee:20160317210133j:plain

出国までの期間は

とにかく英語とソフトウェアの勉強をしようと思っています。

(真面目かよっ!!)

 

はい。真面目です。

 

もちろん、遊びまくったり国内旅行したりもいいな〜って思ったんですけど、僕バイトしてないんですよw

インターンで稼いだ30万円も、航空券や保険費、予防接種費や休学費でだいぶ良い感じに減ると思うので、金銭的にやーめよって思ったわけです。

なので、春休みは基本的に家で英語の勉強してるか本を読んでると思いますw

地元近い人は近所で飲みに行きましょうw

 

最後に

なんだかんだ、あと1ヶ月でみんなと会えなくなるのか〜って思うとめちゃくちゃ寂しい気持ちにもなりますねw

最近特に涙もろくなってますw

ただ、1年後に帰ってきた自分を想像するとそれを上回るくらいワクワクします。

 

意外と残り時間も少ないので、「ベトナム行くならこれ持っていった方がいいよ〜」とか「ダナン行くならここには行った方がいいよ〜」的なのあったら教えてください!

 

それでは、今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

www.amazon.co.jp