読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ、やっぱり海外で働きたいわ

"ほぼ"毎日更新。海外生活・英語・読書・勉強・生き方を中心に、日々の生活で感じたことを現役大学生がつぶやいていきます。

MENU

ダナンの床屋で髪の毛切ってもらってきた

f:id:masa_glee:20160901202629j:plain

 

こんばんは。

ダナンに来てから髪が伸びきっているまさです。

f:id:masa_glee:20160901184933j:plain

 

日本ではジェルで整えていた髪の毛も、今ではボサボサ、、

バイクに乗せてもらってヘルメットを被る機会も多かったので、最近は何もつけずに伸ばしっぱなしの日が続いていました。

 

とはいえ、そろそろダナンともお別れの時。

そこで、今日はダナンのローカル床屋さんでスーパーかっこいい髪型にしてもらうことにしました!

 

 

やってきたぜ床屋さん

f:id:masa_glee:20160901203027j:plain

(実際に行った床屋の写真ではありません)

 

さて、探し回ること5分。

すぐに見つかりました。

値段を聞くと40,000VND(約200円)。

 

安い!!!!!!!!!!!!!

 

話を聞くと、ローカルの床屋はだいたい50,000VND(約250円)前後のようです。

(男性、カットのみの場合)

一体この人はどうやって生計を立てているのかという一抹の不安を抱えながらも、

「最高にかっこいい髪型にしてくれ」とお願いします。

(英語が通じなかったので、とりあえず切ってくれって言いました)

 

f:id:masa_glee:20160901185549j:plain

 

カットが始まると思いきや、いきなりバリカンを取り出すオーナー。

 

「いやいやいやいやいや」

 

しかし、ここはダナン。 

郷に入ったら郷に従えという言葉に従って「Go!」と合図を出します。

 

f:id:masa_glee:20160901185829j:plain

 

見るみる刈られる両サイド。

高校野球部以来のバリカンに、もはや目を瞑って回想するしかありません。

 

「お願いだからタラちゃんカットだけはやめてくれ!!!!!!」

 

言語の壁を前に、心の中で叫ぶしかない僕。

そしてカット終了。

 

ダナン流ヘアーの完成

f:id:masa_glee:20160901203216j:plain

 

ダナンの兄ちゃんが汗水垂らして切ってくれたダナンヘアーがこちら。

 

f:id:masa_glee:20160901192058j:plain

 

「グランドキャニオンのようにえぐり取られた側頭部。そこから流れていくアシンメトリーの前髪」

 

・・・・・・・・・どうしよう。。

 

「きっとあのお兄さんは美容師になるために何年も修行したに違いない。

そのプライドを傷つけることなく、かつ自分自身が納得のいく髪型にするにはどうしたらいいんだ、、」

 

そうだ、ジェルをつけよう

f:id:masa_glee:20160901192733p:plain

 

「そうだ、ジェルをつけよう。

ジェルを使えばもしかしたらなんとかなるかもしれない。あのお兄さんのプライドを傷つけることなく、お互いにとって最高のハッピーエンドが待っているかもしれない」

 

髪を濡らして、ドライヤーで乾かしましょう。

 

と思ったら、部屋にドライヤーがない。

仕方がないので、タオルで乾かしてから重力を借りてトップを立てましょう。

f:id:masa_glee:20160901201628j:plain

 

ちなみに、僕が使っているジェルはこちら。

 

柳屋 Jウルトラハードジェル330g

柳屋 Jウルトラハードジェル330g

 

 

ついに完成したダナンヘアー

f:id:masa_glee:20160902074459j:plain

 

ダナン名物ドラゴン橋とともに。

両サイドをバリカンで刈るというダナンスタイル。

まあ、確かに美容師の兄ちゃんも横刈ってたし、良い感じだよね?(願望)

 

これでまた少し現地の文化に触れられた気がします。

この髪型にしたい人は、ぜひそのへんの床屋に行ってみてくださいね。

 

しばらくダナンヘアースタイルを楽しみます。

それでは、今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。