読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレ、やっぱり海外で働きたいわ

"ほぼ"毎日更新。海外生活・英語・読書・勉強・生き方を中心に、日々の生活で感じたことを現役大学生がつぶやいていきます。

MENU

新年の目標を立てる前に考えておくべきたった1つのこと

f:id:masa_glee:20161228214524j:plain

 

こんばんは。

人生で初めて海外で年越しを迎えるまさです。

本日が仕事納めの人は1年間本当にお疲れ様でした。

今夜は自分を褒めてあげましょう。

 

2016年もほとんど終わりですね。

2016年の元旦に立てた目標は達成できそうですか?

 

これから2017年の目標を考える人も大勢いらっしゃると思うので、今日は僕なりの目標の達成の仕方について書いてみました。

「来年こそは!!」と意気込んでる方は何かの参考にしていただけたら幸いです。

 

 

自分の意志の弱さを認めよう

f:id:masa_glee:20161228215030j:plain

 

まず、大前提として覚えておかなければならないことは、自分の意志は弱いということです。

もう少し言うと、人間は意識しなければ自然と楽な方に流されていくということです。

 

「はあ、俺って本当に意志弱いな」

 

「私って本当に何も続かないな」

 

「はあ今年1年何もできなかったな」

 

と嘆いているそこのあなた。

何をおっしゃっているのかわかりません。

 

 

それでこそ人間を全うしている証じゃないですか!!!!

 

安心してください。

人間の意志が弱いのは当たり前です。

まずはそんな自分を認めてあげましょうよ。

 

なぜ人間の意志は弱いのか。

それは、人間は楽に生きられる方法を追求しなければ自然界で生き残れないからです。

約500万年前に人間の直接の祖先が誕生してから、人は常に厳しい自然界を生き抜く術を見つけてきました。

生物学的に言うと、ヒトはかなりの早産でありかなり弱い生き物のようです。

 

そこで見つけたの生存戦略が「社会の形成」です。

石器を使うようになり、火を使うようになり、農業をして定住するようになり、より大きな村を形成して集団で暮らすようになり・・・

 

種の繁栄を築くために、人間は効率よく生き残る術を見つけてきました。

そんな何百万年と受け継がれた血を、自分の意志で変えることは難しいです。

高度な社会ができる前に「自分ってなんだろう。自分さがしの旅に行ってこよう」なんてやってしまった暁には、どこかの動物の餌になって終わりですよね。

 

そもそも、自分のやりたいことを追求して頑張り抜くことを是とする社会が形成されたこと自体かなり最近の話なわけです。

これまで何百万年と受け継いできた血を大切にしましょう。

 

 意志に頼って努力をしない

f:id:masa_glee:20161228214756j:plain

 

意志が弱いとはいえ、やりたいことや成し遂げたいことはあると思います。

それを達成するために重要になってくるのが、意思に頼りすぎないということなんです。

ここで言いたいのは努力をしないことではなく、あくまで意思に頼りすぎないということです。

 

「今回は本気だ!!だから絶対に諦めない!!」

 

「今日から変わろう。新しい人生が始まるんだ!」

 

なんて言って変われた経験がある人は何人いるでしょうか?

僕は以前にこんな記事を書きましたが、これなんて完全に意志に頼った方法論です。

 

www.masa-glee.com

 

おかげでこの後すぐに早起きできなくなりました。

 

もちろん、意志だけで変われた人もいると思います。あなたの意志の強さは本当に素晴らしいです。

しかし、多くの人が「ああ・・結局また変われなかった・・・」

と思って自己嫌悪に浸った経験があるのではないでしょうか?

 

これは、自分の意志だけに頼ってるからなんですよね。

まずは自分の意志の弱さを認めましょう。

 

僕だって、できるならずっとYoutube見てたいしずっと美味いもん食べながらダラダラしてたいです。

でも、そんなことやってたら自分の成し遂げたいことなんて達成できない。

そこで大事になってくるのが、環境を変えることだと思ってます。

 

自ら環境を変え、目標を成し遂げよう

f:id:masa_glee:20161228215100j:plain

 

目標を成し遂げるために大事なのは、環境です。

もちろん、強い意志も必要です。

しかし、それと同時に環境も変えることで、その達成率は大きく変わります。

 

例えば、今僕が早起きするためにやっている方法はただ一つ。

携帯を洗面所に置いておくことです。

枕元ではすぐに消してしまいますが、洗面所にあればベッドから起きあがらなければいけません。

洗面所に行けばすぐに顔を洗って目を覚ませますよね。

 

例えば、どうしても携帯を見てしまって勉強が手につかない人がいます。

僕が大学受験にやっていた方法は、”絶対に携帯を持ち歩かない”というものでした。

昼休みや放課後など、本来勉強に充てたい時間でも携帯があるとどうしても誘惑に負けてしまう。

だから学校に携帯を持っていくことをやめました。そして、なるべく家に帰る時間が遅くなるように学校が閉まってからは近所の図書館で勉強。携帯がないと暇つぶしもできないので、とにかく勉強が捗ります。

「何かあったらどうするの?」と母親に言われましたが、何かあったらその辺の人に携帯を借りればいいだけです。

家から緊急の連絡があったとしても、学校に電話をかけてもらえばすぐに繋がりますよね。

 

テレビを見てしまって気がついたら時間が過ぎ去ってるという人がいます。

もうそのテレビ売っちゃいましょうよ。

お金も手に入るし、部屋のスペースもできるし、勉強も捗るしってことで一石三鳥ですよ?

 

実家に住んでるからテレビは売れないな~って人。

そろそろ一人暮らしを始めてみるのはいかがですか?

 

海外で働いてみたいけど英語力が伸びないな~と悩んでる人がいます。

もう海外行っちゃいましょうよ。

僕みたいに住居付きで有給のインターンシップなんてたくさんあります。

セールスチームに配属されて1週間後には、「じゃあ来週から自分でテレアポして自分で営業行ってみようか」ですよ?

英語でのテレアポからの英語での営業。

そんな環境にぶち込まれたら嫌でも勉強しますよね?

 

筋トレしたいけどなかなかできないな~と思ってる人がいます。

今からめちゃくちゃ可愛い友達と海に行く約束しちゃいましょうよ。

その体で脱げますか?

※なお、断られた場合の責任は一切負いかねます。

 

最後に

f:id:masa_glee:20161228214846j:plain

 

僕は、ありがたいことに「意志が強いよね」と言われることもあるのですが、決してそんなんことはありません。

休みの日はダラダラしているし、1日中Youtubeを見ていられます。

 

ただ、1つだけ意識していることがあるとすれば、自分で環境を変えて、頑張らないとやっていられない環境に飛び込むことです。

自分の意志だけを頼りに頑張り抜くのは本当に難しいです。そしてきついです。

なぜなら、自分の意志は目標達成へ向くの同時に、楽な道へも向くからです。

 

早く起きたい。(けどもっと寝たい)

筋トレしたい。(けどこのままゴロゴロしたい)

勉強したい。(でもYoutube見てたい)

 

来年の目標を立てる際は、ぜひ自分の周りの環境も一緒に考えてみてください。

もしかしたら、色々と気がつくことがあるかもしれませんよ?

 

それでは、今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

みなさま、よいお年を!!!

 

宿題:1年間無事に仕事(学校)が終わられたことに感謝しながら、仏壇に手を合わせる。

 

 

なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践

なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践

  • 作者: ロバート・キーガン,リサ・ラスコウ・レイヒー
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2014/09/01
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る